VIVAPLUS

国際電話 VIVAPLUS

HOME お申込みはこちらから
ID省略機能  
ID省略機能について
  国際電話VIVAPLUSでは、お申込みいただいた時点で、自動的にお客様一人一人に [IDナンバー] が割り振られます。
  そのIDナンバーは12桁の数字の組み合わせで、基本的にはお客様がVIVAPLUSのサービスを利用していただく際には必ず入力しなくてはならない番号となります。
ただ、12桁もあるIDナンバーを電話をかける度に番号入力するのは非常に面倒です。
  そこで、その煩わしいIDナンバー入力を省略して、お客様が国際電話をかける際に、アクセス番号と相手先番号だけで済むようにしたのが [ ID省略機能 ] となります。
  どうして、IDナンバーが省略できるかというと、実はお客様が普段お使いの電話機の番号とIDナンバーを関連づけすることでID省略が可能になるのです。
VIVAPLUSのアクセス番号に電話をかけた際に、VIVAPLUSのシステムがお客様の電話機の番号を認識すると同時に関連づけられたお客様のIDナンバーも呼び出します。そうすることで、お客様のID入力作業が省けるのです。
  ということは、ID省略機能を利用するには、発信者番号通知を有効にした状態([非通知] にしていない状態)で行わないといけないということにもなります。
一部のお客様で、常に発信者番号通知を [非通知] にしている方がおられます。その場合はアクセス番号の前に [186] をつけてダイヤルしてください。その通話に限って一時的に発信者番号通知が有効になった状態でダイヤルされます。
普段お使いの電話機が有効になっているかどうかわからない場合は、[186] をつけてダイヤルした方がいいかもしれません。
どうしても発信者番号通知を [非通知] にしてかけたい場合は、[184] をつけてダイヤルして、通常通りIDナンバー入力も行っておかけいただくか、公衆電話をお使いになる以外ございません。ただし、その場合は固定電話・携帯電話の料金がすべて、公衆電話の料金となってしまいますのご注意ください。
  お客様がご登録になるID省略機能の設定は3つの電話番号まで登録が可能です。
お客様ご自身が契約した電話機であれば、固定電話を3台分または携帯電話を3台分という登録も可能です。
   
  ID省略機能を設定するには・・・
お申込み時に「ID省略機能登録許可」を選択して登録する。
普段お使いの電話機から設定する。
設定に関しては [ID省略機能を登録していない方の通話方法] でおかけいただくか、便利機能の [ID省略機能] の設定方法をご覧ください。
メンバーズサイトから登録する。
電話で設定できる[自動受付カスタマーサービス] のサービスメニュー[2]で設定
   
  【注意!】 公衆電話など、不特定多数の方がご利用になる電話機では設定しないでください。
   

Copyright© 2004 All rights reserved.